看護師としての自信を持てるまで何度も転職した

転職しながら正看護師を目指し

40代の男性准看護師です。准看護師として、整形外科や内科の病棟での勤務や、介護老人保健施設や介護付有料老人ホームなどでの勤務経験があり、いまは訪問看護をしています。正看護師取得に向けて日々奮闘中です。

患者から怒られヘルパーから呆れられ

私は看護学校を卒業してすぐ、地方の総合病院に勤務しました。個人病院がそのまま総合病院になった感じでした。そして入職してすぐのころ、こちらが患者を怒らせたつもりでもないのに、突然怒り出し「もう来ないでくれ」と言われて落ち込みました。もう私は看護師なんて向いてないのか、もう辞めたほうがいいのかと思いました。もともとコミュニケーションが苦手だった私は、話のネタが見つからず、人を気遣うつもりで話したのが、患者さんにとって不愉快に思ったようでした。

結局耐えきれず転職を繰り返し

他にも、私は点滴やおむつ交換も苦手で、観察する力もとぼしく、患者の異変にヘルパーが先に気づいたときがありました。「あなた看護師ですよね?」「それでも看護師ですか」と言われて、本気で辞めようとも思いました。何度も何度も上司に相談しました。しかし、逃げないでなんとか努力をしようとそこでは思うのですが、また同じことを繰り返すたび、またしても患者から怒られ、またヘルパーからもあきられてしまい、そのうち陰で悪口を言われることが続きました。結局は続けることができず、転職を繰り返すことになりました。

職場を変えても自分が変わらなければ意味がないから

何度も何度も転職を繰り返すというのは避けるべきです。結局転職したところで、ただ環境が変わるだけであって、自分はなにも変わりません。他の転職先に移れば、なにか変わって看護師の仕事が普通にできるのではないかと思うかもしれませんが、それはたいてい錯覚だったりします。最初は落ち込むこともあるかもしれませんが、自分がなぜ看護師になりたかったのか、もう一度考えてみましょう。それを思い浮かべ、イメトレを実施することです。自分でできると信じ、そして勉強を繰り返して、患者さんの前で自信をもつことです。そうすれば失敗は繰り返すことはなくなります。自分は看護師に向いていると自信がもてるように、イメトレして頑張っていきましょう。